結婚を考え始めたら

結婚相手は相性で決める

結婚相手は何を基準に選ぶかというと、やはり相性です。相性といっても性格が似ている、考え方が似ている、趣味が同じ人がいいとも限りません。平凡な温厚な人同士ならそれでもいいかもしれません。しかし変化やサプライズを好む人はかえって全く違う性格の人に惹かれることもあります。一番の決め手は、一緒にいて疲れない、安らぐことです。結婚は生活ですので、毎日の生活にこだわりがあると、それを受け入れられないのであれば、相性が悪いということです。たとえば、休日にパジャマでダラダラ過ごすことに抵抗がある人はそういう習慣の人とは一緒にはいられません。綺麗好きで塵ひとつ落ちてない部屋でないとくつろげない人は部屋が汚くても平気な人とは合いません。小さなことですが、一緒に生活しないと見えないこともあります。結婚前に何度か通い同棲をしてみるとよくわかります。職業や年収で選んでも、今の時代いつリストラされるかわかりません。やはり相手の性格が重要です。

結婚は相性も大事になります

結婚をする上で恋愛感情はとても大事ですがそれと同じくらいに大事なのは相性です。恋愛感情があるのと相性がいいのとはまた別の問題なのです。
恋愛感情があるうち価値観が違っていてもそれほど問題にはなりませんが、恋愛感情がなくなりますと価値観のずれが許せなくなり結婚生活が苦しくなることもあります。

しかし相性が良けれ結婚生活も円滑にいき、どちらかが我慢を強いられることもありません。
相性がいいかどうかを知るためには交際をすることが大事になります。その時に相手の生活を見るのもいいでしょう、相手の家に行き掃除がどの程度行き届いているのかや普段どのようなものを食べているのかもチェックしてください。
掃除は行き届いていればいるほどいいのかと言えばそうでもなく衛生観念は自分と似ている人と暮らす方が楽になります。
交際をしているときに自分の価値観を尊重してくれるかや価値観の押し付けをしないかどうかもチェックするのがいいでしょう。

注目サイト

2017/4/13 更新